自鳴式タグ(じめいしきたぐ)とは

自鳴式タグとは

  • 万引きにお困りの店舗様で下記の悩みがある方は一読ください。
  • 万引きを減らしたい(無くしたい)
  • 店内でタグを外されるのを防ぎたい
  • 万引き犯を特定したい
  • ゲートは立てたくないけど万引きを防ぎたい

その悩みには音での防犯「自鳴タグ」がおすすめです

自鳴式タグ(じめいしき)とは、 タグが音を鳴らすタイプの万引き防止アイテムとなります。
万引き犯は音や注目される事を非常に嫌がります。

音で威嚇、もしくはタグが付いていることで万引きすると音が鳴るやつと認識させることで万引きを抑止する防犯アイテムです。

一般的には出入口に設置された万引き防止機のシステム連動し、会計などをせずに店舗を出ようとすると、自鳴タグ+ゲートがそれぞれ音をならします。
最近では、お店の志向や店舗間口などにも対応できるようにゲートレスタイプの自鳴タグも多く出てきております。

もちろん、これから万引き防止機を検討される方や、タグを検討される方にも最適な防犯機器をご紹介いたしますのでお気軽にお問合せください。
 

自鳴式タグ発報の仕組み・種類

  • 自鳴式タグは、不正をするとタグが発報する仕組み
  • 大きく分けると2タイプある
  • 商品に貼り付けて使用する貼付タイプ
  • 商品に通して使用するワイヤータイプ
発報するタイミングは以下のとおりです。 【貼り付けタイプの場合】 解除せずにタグを取り外す。 ゲートの電波を受ける。 【ワイヤー式タイプの場合】 解除せずにワイヤーを取り外す ワイヤーを切断する ゲートの電波を受ける つまり店内で不正に取り外そうとすると発報しますので、
  • 試着室でのタグ破壊
  • カメラや店員様の死角での不正
などにも非常に効果的です。 お客様の中には、極端な事例ですが、 自鳴タグのみ(ゲートを入れずに抑止のみ)の使用で万引きが「0になった」店舗もあります。  

Qゲートが無いと使用が出来ない?

A.一般的にゲートとセットで使用されるケースが多いですが、実は自鳴タグはゲートレスにも対応しています。
自鳴タグのみを使用した防犯方法もございます。 弊社で取り扱いがある 自鳴タグを使用した防犯のページです。 【ASDスマートシステム】※画像 最終出入口を守り、店舗イメージを守りながら利用出来るシステム。
スマートな防犯が可能。 【エリア式防犯Wi-dimo】※画像 電波を受けたら発報する自鳴タグの仕組みではなく 電波を遮断されると発報する逆転の発想から生まれた自鳴タグシステム。
守りたい電波エリアを指定できるため、ゲートと併用して局所防犯として使用することも可能。 【ショーケースガード】※画像 ショーケース用の防犯ブザー。
一般的な開閉する→音が鳴る→音を止めるといった防犯ブザーではなく、リモコン解除で通常の接客時は音を鳴らさずに開閉が可能。
店員の音馴れ防止にも効果的。杏林社オリジナルです。   様々な防犯方法があるので何がお店に合うかわからない方。杏林社へお問合せください。 お店にあった最適な防犯をご提案させて頂きます。  

防犯対策に迷われましたらまずご相談ください

お客様に適切な商品をご案内

杏林社では、様々な防犯機器を取り扱っております。 店舗様の数だけ悩みがあり、解決方法も様々です。 簡単なヒアリングをさせて頂き、悩みにあった商品をご紹介させて頂きますので、まずはお問い合わせください。 ※相見積もりも大歓迎です。
2021年セキュリティーショーに出展しました。 防犯カメラや防犯ゲートはもちろんですが、店舗の中には設置したくても出来ないこともあります。 万引き対策を諦めるのではなく、店舗にあった商品を杏林社はご紹介し続けます。 是非一度お話ししましょう。

杏林社は工業会日本万引き防止協会正会員です。 「工業会 日本万引き協会」とは万引防止システムを製造、販売、サポートする企業の業界団体であり、流通業界の 健全な経営、また青少年の非行防止という産業的、社会的役割を果たすべく、行政 機関、関連業界団体とも連携をとり活動しております。          

取扱商品

お問い合わせ
から設置の流れ

  • 1お問い合わせ

    ウェブサイトからお問い合わせください。

  • 2現地調査

    必要がある場合は現地にいき、必要機材等の調査をします

  • 3お見積り

    ヒアリングをもとにお見積りを作成いたします。

  • 4施工

    設置からフォローまでスタッフが丁寧に対応します。