ショーケースガード

   
これまでのショーケース向け防犯ブザーは、開閉の度に必ず警報がなってしまうものが主流で、店舗営業中の商品の出し入れが必要な場合、お客様に不快な思いをさせたり、店内の雰囲気を壊してしまう可能性があります。 しかし、弊社のご提案しているショーケースガードはリモコンで解除してから開けることができるので、商品の取り出しを音を鳴らさずに行うことができます。そして解除されていないときは防犯ブザーとしてショーケースを音でまもります。
   

特徴

  • 防犯ブザーはリモコンにより解除できる電波式
  • 外付け可能
  • 扉を閉めてから15秒で自動セット
  • 低燃費電力を採用し、長寿命を実現
  • 不正に装置自体を取り外すと発報

こんなことありませんか?

  • ショーケースの鍵を掛け忘れたことがある。
  • 鍵だけだと不安で2重鍵にしているけど取り付け取り外しが面倒。
  • 音が出るショーケース用の防犯を使っているけど電池がすぐなくなる。
  • ショーケースを開ける度に音が鳴ってお客様に不快感を持たせてしまう。

ポイント1

不正に装置自体を取り外した場合も大音量で発報するため、ショーケースに外付けすることができるようになりました。

ポイント2

外付けが可能なため、ガラスの重なる中心部分にセット出来るようになり、 1セット(タグとマグネットセンサー)でショーケースを1台を防犯することができます。

ポイント3

消音設定にして扉を開ける事が出来るので、余計な音を鳴らしません。

ポイント4

電波式のリモコンで解除するため、鍵の複製が難しくセキュリティ性能が高い商品です。

ポイント5

センサー感知は3方向対応のため、スライド式や観音開き、持ち上げ式などさまざまな様式に対応しています。 ※タカヤ製の自鳴式リセッターと連動(RF、AM、22k全対応)

導入事例

 

2020/04/28

大型携帯ショップ様「ショーケースを開けるたびに音が鳴る」

ご導入時期:2019年6月ごろ 業種:大型携帯電話販売店 導入機種:ショーケースガード、Wi-dimo導入台数:店舗あたり10台前後
 

2020/04/28

大手ブランド品リユースショップ様「ショーケースの防犯を改善したい」

ご導入時期:2019年8月ごろ業種:高級ブランド品買取販売業導入機種:ショーケースガード導入台数:ショーケースガード数十台(店舗ごとに導入)
 

お問い合わせ
から設置の流れ

  • 1お問い合わせ

    ウェブサイトからお問い合わせください。

  • 2現地調査

    必要がある場合は現地にいき、必要機材等の調査をします

  • 3お見積り

    ヒアリングをもとにお見積りを作成いたします。

  • 4施工

    設置からフォローまでスタッフが丁寧に対応します。