防犯カメラとは

 

犯罪の抑止・解決に導入されています

「万引き」「内引き」によるロスを防ぐため、近年では店舗経営者の多くは店舗に防犯カメラ・監視カメラを導入しています。 防犯カメラ、監視カメラにはさまざまな種類があり、カメラの形状やレンズの種類、有効画素数などニーズにあわせた機材を導入することで、より万引き件数の減少や、犯罪抑止効果向上に繋げることができます。 杏林社では様々な商品の中でお客様にあった商品をご提案させて頂きます。  

実はシンプルな商品構成です

防犯カメラのHPを見ていると非常に複雑で、何を調べていいか分からないですよね。 実は非常にシンプルな商品構成になってます。
  • 防犯カメラ(どこに設置したいか、カメラで何がしたいかによって決まります)
  • レコーダー(➀を決めた後に、設置台数を決めるとレコーダーが決まります
  • モニター(映像視聴用なので、お持ちのPCモニターでも可能です。)
  • 決めるのは上記の3種類のみ。
  他にも画素数だったり、IPだったり、無線カメラだったり色々と種類はありますが…特殊な事をしたいなどでない限り上記の組み合わせでOKです。 後は現地を見させて頂き、設置方法などを決めると見積もりをお出し出来ます。 「防犯カメラでこんなことがしたい」を弊社にお伝えください。

お問い合わせ
から設置の流れ

  • 1お問い合わせ

    ウェブサイトからお問い合わせください。

  • 2現地調査

    必要がある場合は現地にいき、必要機材等の調査をします

  • 3お見積り

    ヒアリングをもとにお見積りを作成いたします。

  • 4施工

    設置からフォローまでスタッフが丁寧に対応します。