万引きを「未然に防ぐ」ために

万引きは身近に発生する犯罪です。

小売店では万引きの被害が原因で経営困難になってしまう店舗も少なからずあり、店舗運営において決して無視できない事態となっています。

万引き抑止のためには、盗まれない環境づくりが必須。 そこで最も大切なのが死角になるスポットを作らないことです。万引き犯の多くが「未清算の商品を持ったまま死角に行き、鞄やポケットの中に商品を入れて立ち去る」という手口を取ります。店舗内は見通しのいいように什器などを設置したり、防犯カメラを効果的に取り付けたりして、死角を作らないようにしましょう。

また店舗出入り口に設置する防犯ゲートや自鳴式タグを導入することで、さらなる万引き抑止への効果が見込めます。

より効果的に各防犯システムを機能させるには、ただ導入するだけでなく、店舗環境や取り扱い商品によって、どの防犯システムをどのように使うのかも防犯には大切な要因。各アイテムを必要な場所に適切に設置することで「万引きをさせない」店舗を作ることができます。

実際の万引き対策

1.自鳴式タグの導入

不正に商品から取り外される万引きを「未然に防ぐ」ためにと発報するタグ。出入り口などに設置する防犯ゲートと連動することも可能です。試着室への持込など精算前にプライベート空間を介する可能性のある商品に効果的です。

2.ショーケースガードの設置

ショーケースなどの箱物を防犯する装置「ショーケースガード」は、ショーケースが開閉されたときに警告音を発します。

3.防犯ゲート、ハードタグの設置

防犯ゲートシステムは、精算前に店舗から商品を持ち出そうとすると、出入り口に設置した防犯ゲートが商品についているタグに反応し、警告音を鳴らす装置です。タグは防犯ゲートと連動させるための専用タグを導入する必要があります。出入り口に防犯ゲートがあることで万引きの抑止力になると同時に、実際に万引きが起こってしまった場合は犯人逮捕へ繋げることができます。

お問い合わせ
から設置の流れ

  • 1お問い合わせ

    ウェブサイトからお問い合わせください。

  • 2現地調査

    必要がある場合は現地にいき、必要機材等の調査をします

  • 3お見積り

    ヒアリングをもとにお見積りを作成いたします。

  • 4施工

    設置からフォローまでスタッフが丁寧に対応します。